レーシック・乱視

レーシックは主に近視の治療として効果を発揮しています。


■リンク→ インプラント 広島

■オススメリンク→レーシック

子どもとタブレット 影響研究

 子どもの健全な成長には電子機器への依存よりも人間同士の交流が必要という一般的な世論も存在する。そういえば、私が子どものころ、両親が業務用ゲーム機について同じようなことを言っていたのを思い出した。親が所有しているiPadなどのタブレットを子どもがすぐに独り占めするので、親たちはタブレットがもたらすリスクに気づきつつある。

 Children's Technology Reviewの編集者、バックライトナー氏はタブレットデバイスは子どもたちが将来離れられなくなるガジェットだと述べる一方で、「電子メディアが幼児に与える影響――乳児向け動画から教育用ソフトウェアまで」の著者、リサ・ガーンジー氏は、子どもが少なくとも30分間隔を開けずにタブレットを利用するようになったら大人は注意すべきだと述べている。というわけで、タブレットを子守に利用する親たちは子どもたちの人生の早すぎる時期にそういったデバイスを導入しているのかもしれない。

ubergizmoより[Sovan Mandal,Good e-Reader Blog]。タブレットデバイスは急速に普及しつつあり、子どもがAngry BirdsやLearning Games For Kidsに魅了されてしまったとしても驚きではない。専門家は人を夢中にさせるこのガジェットが子どもとその精神に与える影響について必然的に研究を開始した。児童公衆衛生の専門家は、最近この非常に厄介な問題についての見方を共有し始めた。


レーシックは近視矯正手術と言われているように、主に近視の治療として効果を発揮しています。

また、遠視や乱視、不同視などにも効果を発揮すると言われていますが、このような目の症状には、別の治療が適している場合も多いので、医師と相談して最適な治療法を決めるといいでしょう。

レーシック手術によって効果が得られないのは、老眼や白内障などを患っている場合です。

それ以外にも、全身性血管炎、糖尿病、膠原病、重症アトピーなど、全身の病気がある方は、手術後の経過に大きな影響を与える危険性が高いため、手術を行うことが出来ません。

また、レーシックを受けることが出来ない場合でも、他の視力矯正法を行うことが出来る可能性がある為、これらの症状がある場合には、担当の医師に相談をするということが重要です。